水無月 6月30日 夏越の祓

こんにちは   今日は6月30日。今年もちょうど半分終わってしまいました。 「今日は夏越の祓ということで、水無月を買ったので持っていきますね。」 とお客様からメールをいただきました。 私はちょっと何のことか、わからずだったのですが・・(^^) 京都の発症で、この水無月(和菓子)を6月の晦日、6月30日に夏越の祓として食べる風習があるとのこと。 やはり、この三角の小豆が乗った和菓子は初めて食べる気がします。 なるほど。持ってきてくださったのは京都出身のお客様なのです。 水無月の和菓子をいただくことができ、ちょっと記念になる幸せを感じれた日でした。     白いういろうの上面に甘く煮た小豆をのせ、三角形に切り分けたもので、京都では夏越の祓が行われる6月30日に、1年の残り半分の無病息災を祈念してこれを食べる風習がある。 平安時代には旧暦6月1日の「氷の節句」の日に、氷室から氷を切り出して食し暑気払いをする宮中の風習があった。三角形に切った白いういろうはこの氷をかたどったものとも、四角を半分にしたことで1年の半分を示しているとも言われており、また小豆の赤い色にも厄除けの意味があるとされている。 (Wikipediaより引用)   *********************** グラシュー gracieux 広島市西区三篠町1-12-17 3F ご予約は 082-577-7998 またはお問い合わせフォームからお願いいたします。 ***********************