更年期障害にアロマ・リンパマッサージが最適な理由

ご訪問ありがとうございます。 広島市西区横川 アロマ・リンパマッサージとフェイシャルエステサロン グラシューです。 私も今、更年期と言われる年齢なのですが、更年期かなと思われる症状はないですか? お客様の中でも更年期のしんどさに悩んで来られることが多いので、今日は更年期障害にアロマとリンパマッサージが有効な理由について書きたいと思います。 私と同じくらいの年齢でお悩みの方のお役に立てれば嬉しいです。 更年期・更年期障害とは 女性ホルモンの分泌の乱れから、いろいろな体の不調が現れます。 女性は50歳前後で生理が終わり、閉経しますが、この46歳くらいから55歳くらいまでの間を更年期といいます。 卵巣機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ることでホルモンバランスが保てなくなり体の不調が出やすくなります。 女性ホルモンと脳の視床下部 女性ホルモンは、脳の視床下部からの指令で卵巣から分泌されます。 視床下部は様々なホルモンの分泌をコントロールする場所で、体温調節、本能的欲求、精神活動など、自律神経の中枢でもあります。 卵巣の機能が衰えると、脳がホルモンを出すよう指示をしても分泌されません。 そうすると、脳がパニック状態になり何度も指示を出すため、更年期障害と言われるような、めまい、発汗、だるさ、イライラする等の症状がおこります。 女性ホルモンの低下で起こる不調 女性ホルモンは女性の体を維持するためのいろいろな役割を持っています。 更年期には自律神経失調症状の倦怠期やうつ、不眠など、精神不安定な症状が表れます。 女性ホルモンには、血管をしなやかに保ってくれる役割や、内臓脂肪の分解を助けたりといったサポート力があります。 女性ホルモンのエストロゲンが減少することで高血圧や動脈硬化、骨粗しょう症、太りやすくなったり、肩こり、腰痛など様々な現象が起こりやすくなります。 更年期の症状 イライラ めまい・立ちくらみ・耳鳴り ホットフラッシュ(発汗やほてり) 倦怠期・だるさ・疲れ うつ 不眠 頭痛 冷え性 痩せにくい 腰痛や肩こり などの症状があります。 更年期からというだけの理由ではないですが、更年期になるとこれらの現象がおこりやすくなります。 更年期と自律神経 更年期は女性ホルモンの分泌量低下から自律神経の乱れが大きく関わります。自律神経には、活動的モードの交感神経と、リラックスモードの副交感神経の2つがあります。 この自律神経の配線は、体の各内臓器官につながっています。 例えば、胃腸は副交感神経優位のリラックスモードの時、動きが早くなり、交換神経優位の活動的モードの時、動きが遅くなります。気管や気道は、交感神経優位の活動的モードの時に広がり、副交感神経優位のリラックスモードの時、狭まります。 自律神経がシーソーが行ったり来たりするようにバランスよく保たれていないと、気道は狭くなったままだったり、胃腸は動きが遅いままだったり、偏ってしまいます。 そのようなことから、体の不調が起こります。 日常の過ごし方が大事です。 食事、運動、休息など、生活習慣を整えましょう。 更年期にアロマ・リンパマッサージが最適な理由 リンパマッサージはリンパ液の流れを促すトリートメント(マッサージ)ですが自律神経のバランス調整をサポートします。 ダイレクトに肌に直接触れてトリートメントすることは、脳が心地よいと感じ、自律神経を副交感神経優位にしてくれます。 「皮脳同根」 という言葉があります。 母親の胎内で受精卵が8週目を迎える時、臓器が作られ始めます。 受精卵の外肺葉という場所から、皮膚と脳が作られるのです。そのため皮膚と脳は根本が同じなので、皮膚に対する快刺激は脳に対する快刺激と言われています。直接、肌に触れて行うトリートメントは、無条件で心地よい体感となり、リラックスでき体に良い状態を導いてくれます。 リンパマッサージの大きな役割は、老廃物排泄のデトックス効果と免疫アップです。 リンパ液は、老廃物を含んだ体液で、リンパ液が滞ることが「むくみ」です。むくみがあると、私たちの体の細胞が老廃物を含んだ体液で浸されることになり、細胞機能が低下し代謝が下がります。冷えも生じ、リンパ球(免疫細胞)の活性も低下しますので、免疫も下がります。 更年期のさまざまな体の不調は、女性ホルモンの急激な分泌量低下による自律神経の乱れで起こりますから、自分の意志ではコントロールのできない自律神経のバランスをとっていく事が、対策となります。 アロマ・リンパマッサージは、自律神経のバランス調整ができるのです。 更年期にアロマのサポート アロマというと、心地よい香りですよね。 良い香り!と感じた瞬間に脳は察知し、リラックスモードへ導きます。体の緊張を解きほぐし、自律神経は副交感神経モードへ切り替わります。 アロマ(精油)には薬理効果があり、クラリセージやイランイラン、ゼラニウムやラベンダー等は特に女性ホルモンの助けをしてくれる精油です。…

【お客様の声】冷え性改善にリンパマッサージをすると身体のだるさがなくなりました。

  こんにちは 広島市西区横川駅近く グラシュー です。   2015年に書いた記事がありましたのでこちらへ掲載したいと思います。 この記事のモデルのお客様は今日ちょうど来てくださいました。 今でも月に2回のボディメンテナンス、アロマリンパマッサージを受けに来てくださっています。 今日は、急に寒くなったせいか、足の裏がしびれるとおっしゃっていました。 普段の生活では足先をしっかり動かすよう意識したり、とにかく温めることも大事ですね。 当時は足首が特にむくんで冷たい状態でしたが、今は本当にスッキリされています。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (2015年の記事) アロマ・リンパマッサージを受けられた後、アンケートを書いてもらいました。 Kさま 60代 主婦 来店時のお悩み: 肩こり、腰痛、足のむくみ、だるさ、便秘など Q.ご来店のきっかけ、サービスを受けようと決めた理由をおきかせください A.紹介です。 Q.施術前、どのようなことでお悩みでしたか? A.肩こり、腰痛、足のむくみ、だるさ等、色々と体調不良でした。 Q.施術はいかがでしたか? A.体調がよくなった。皆が元気そうになったねって言ってくれる 施術を受けている最中、自分では気が付いていなかった硬いところや悪いところがよくわかり、疲れていのだなとわかった。 Q.たくさんのサロンがある中で、なぜ当サロンをお選びいただけましたか? A.紹介者の方が信頼のできる方だったので。 Q.施術を受けるか悩んでおられる方たちに一言メッセージをお願いします。 A.まずは一度、施術を受けてみられたら良いと思います。 ———————————————————– 60代前半のKさまは、家業のお仕事やその他の活動もされている主婦の方です。 「なんだかだるさを感じてやる気がなく、出かけるのが億劫になっていました。」 とのこと。 足のむくみがまず気になりました。 見た目もあきらかにむくみがひどい状態でしたし、とにかく、だるさを感じるという状態でしたので、全身のリンパの流れが悪く冷えも生じ、免疫も下がった状態だったと言えます。   便秘ぎみということでしたがお腹も冷たく、背中や肩も硬くなっていて、まさにリンパマッサージが必要なお体でした。   Kさまが今回受けられたのは、全身アロマ・リンパマッサージ90分。 やはり足がまず気になりましたのでフットバスであたためてから 足部分は足首からふくらはぎは特に時間をかけ、むくみが取れるよう丁寧に流していきました。 お腹も気になる箇所です。ゆっくりと温まるよう施します。呼吸もしていただきながら腸の動きが良くなるようマッサージしていきました。 肩・首部分の施術に入るころにはウトウトされていてリラックスされていました。 施術後は、「足は軽くなったし なんか、ふわーっと体全体が緩まった感じがする」とおっしゃっていました。 アロマ・リンパマッサージは、老廃物を含んだリンパ液を流していくマッサージなので、むくみの原因のリンパ液が流れて、むくみがとれます。 血液循環もよくなり、身体の代謝が上がるので、冷え性も改善します。 お腹のマッサージも加えていきますので、腸が活動的になり便秘の解消にもつながります。 月に2回ペースで施術を受けておられるK様は体調がよくなり、気分まで明るくなられました。 「肩まわりもずいぶん楽になりましたよ!便秘も慢性化していて、お通じがない日があるのは当たり前の日々でしたが、この頃は毎日お通じもありますね。 最近、明るい服を着るようになったんです。明るい色を身に着けたくなったというか。」 (今日も黄色いトップスに、オレンジ色ベースのバッグ!でらっしゃいます。) このような症状でお悩みの方に受けていただきたい 肩や首がこっていて、つらい。 便秘ぎみですっきりしない。 足のむくみが気になる。 とにかく、だるい。やる気がでない。 腰痛があり、体が重く感じる。 このような症状でお悩みなら、アロマ・リンパマッサージを受けてみてください。…