更年期障害にアロマ・リンパマッサージが最適な理由

ご訪問ありがとうございます。 広島市西区横川 アロマ・リンパマッサージとフェイシャルエステサロン グラシューです。     私も今、更年期と言われる年齢なのですが、更年期かなと思われる症状はないですか?   お客様の中でも更年期のしんどさに悩んで来られることが多いので、今日は更年期障害にアロマとリンパマッサージが有効な理由について書きたいと思います。 私と同じくらいの年齢でお悩みの方のお役に立てれば嬉しいです。     更年期・更年期障害とは 女性ホルモンの分泌の乱れから、いろいろな体の不調が現れます。 女性は50歳前後で生理が終わり、閉経しますが、この46歳くらいから55歳くらいまでの間を更年期といいます。 卵巣機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ることでホルモンバランスが保てなくなり体の不調が出やすくなります。     女性ホルモンと脳の視床下部   女性ホルモンは、脳の視床下部からの指令で卵巣から分泌されます。 視床下部は様々なホルモンの分泌をコントロールする場所で、体温調節、本能的欲求、精神活動など、自律神経の中枢でもあります。   卵巣の機能が衰えると、脳がホルモンを出すよう指示をしても分泌されません。 そうすると、脳がパニック状態になり何度も指示を出すため、更年期障害と言われるような、めまい、発汗、だるさ、イライラする等の症状がおこります。   女性ホルモンの低下で起こる不調 女性ホルモンは女性の体を維持するためのいろいろな役割を持っています。   更年期には自律神経失調症状の倦怠期やうつ、不眠など、精神不安定な症状が表れます。 女性ホルモンには、血管をしなやかに保ってくれる役割や、内臓脂肪の分解を助けたりといったサポート力があります。 女性ホルモンのエストロゲンが減少することで高血圧や動脈硬化、骨粗しょう症、太りやすくなったり、肩こり、腰痛など様々な現象が起こりやすくなります。     更年期の症状   イライラ めまい・立ちくらみ・耳鳴り ホットフラッシュ(発汗やほてり) 倦怠期・だるさ・疲れ うつ 不眠 頭痛 冷え性 痩せにくい 腰痛や肩こり などの症状があります。 更年期からというだけの理由ではないですが、更年期になるとこれらの現象がおこりやすくなります。     更年期と自律神経   更年期は女性ホルモンの分泌量低下から自律神経の乱れが大きく関わります。自律神経には、活動的モードの交感神経と、リラックスモードの副交感神経の2つがあります。 この自律神経の配線は、体の各内臓器官につながっています。 例えば、胃腸は副交感神経優位のリラックスモードの時、動きが早くなり、交換神経優位の活動的モードの時、動きが遅くなります。気管や気道は、交感神経優位の活動的モードの時に広がり、副交感神経優位のリラックスモードの時、狭まります。 自律神経がシーソーが行ったり来たりするようにバランスよく保たれていないと、気道は狭くなったままだったり、胃腸は動きが遅いままだったり、偏ってしまいます。…

更年期とむくみの関係とは?自律神経のバランスを整えるリンパマッサージ

ご訪問ありがとうございます。 広島市西区横川 アロマ・リンパマッサージ&フェイシャルエステ グラシューです。     更年期の時期には、体がむくみやすいです。 そして、体全体にだるさがでたり、疲れやすくなります。     むくみとは過剰に溜まった水分が皮膚(皮膚下)に滞ってしまうこと 血液中の水分が血管外に漏れて、皮膚と皮下脂肪にたまった状態のことです。 血液・リンパ液の流れが滞ると、過剰に身体の中のたまった水分が回収しきれずむくみの現象がおこります。 少し専門的な言葉では 浮腫 (ふしゅ)ともいいます。         むくみの原因 ①運動不足 運動することで筋肉が動きます。筋肉の動きが血液、リンパ液が流れるポンプの役目をしていますので、運動不足で筋肉の動きが少なくなると血液循環やリンパ液の流れが悪くなります。   ②冷え 冷え性ですと、自律神経は乱れ血管が収縮する時間が長くなり、むくみの原因となります。   ③塩分の過剰摂取 塩分を摂りすぎると、体内の塩分濃度を正常にしようとするため、水分を多く摂りこもうとします。 それにより、血管内の水分量が増え圧力があがり水分が染み出してむくみとなります。   ④ストレス ストレスがかかると、コルチゾールの分泌が増えます。 コルチゾールが増えると水分の排泄が滞り、体内に水分がたまってしまいます。   ⑤睡眠不足 自律神経が休まらず、血管が収縮している時間が長くなるため、血管が滞り むくみ状態になります。   ⑥疲労による代謝低下 疲れがたまり、代謝が低下すると、血行が滞りむくみやすくなります。また疲労物質がたまると血液が酸素不足になり、血管を広げようと働くので、水分が染み出しやすくなります。       むくみケアはリンパケア リンパ液は、37兆個の細胞が排泄した老廃物の中で静脈血管に入り切れなかった大きな老廃物をたまった水分と一緒に回収していきます。 リンパの流れが滞ると細胞の周りに余分な水分がたまり、むくみが発生します。 むくみが起こると細胞のエネルギーが作りづらくなるとともに、細胞から出されるごみの収集も滞るため、疲労物質がたまり、足のだるさが出たり、疲れやすくなったりします。     更年期とリンパの関係 更年期は体がむくみやすくなります。 大きな理由は、更年期の時期はエストロゲンの減少により、女性ホルモンのバランスが乱れ、血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経の乱れにより、血行が悪くなり、むくみが起こります。 アロマ・リンパマッサージの施術では、リラックスできることで自律神経の調整ができ、リンパの流れを意識したトリートメントによりむくみを取り除きやすくなります。    …

肌に直接触れるトリートメントは最高のストレスケア

こんにちは ご訪問ありがとうございます。 広島市西区横川駅近く グラシューの戸川です。 今日は毎月来てくださっているKさまのエステの日でした。 この一か月で、急にめまいなどの症状が出て、メニエール病と診断されたとのことでした。 吐き気などもあったりで、おつらかったようです。 メニエール病とは・・・ めまいや難聴が繰り返し起こる症状で、内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態) で起こる病と言われています。 原因は・・・ ストレス・睡眠不足・疲労などと言われています。 確かにK様も、最近職場での人間関係の事で愚痴をこぼされていたり、疲れがたまっていたのかもしれません。 今日は特に梅雨も明けて暑かったですね 暑い中のマスク生活のストレスもありますし、とにかく疲れがたまっていたようです。 いつもは、施術の最初から眠られることはないのですが、今日は最初からぐっすり眠っておられるようでした。 睡眠不足もあったのかもしれません。 とにかく、無理をされずに休息が必要な時ですね。 肌に直接触れる施術は最高のストレスケアです 皮脳同根 (ひのうどうこん) という言葉があり 皮膚と能は根本が同じという意味を持ちます。 母親のお腹の中にいる受精卵の時、8週目の時に、内胚葉、中胚葉、外胚葉という3つの層に分かれます。 このころ、脳も皮膚も同じ外肺葉で形成されるようです。根が同じなので、、皮膚が心地良いと感じたら、脳も心地よい。 肌に触れるって、 無条件で気持ち良くなれるのです。 触れるだけでも、気持ち良くなるし、眠たくなるのです。(^^) メニエール病も主な原因はストレスということですから、心地いいこともしっかり取り入れてストレスケアしましょう。 お肌も、ストレスで肌荒れします。 お肌が喜ぶ心地いいこと、しっかり取り入れていきましょう。 ▶︎更年期アロマリンパマッサージコースについて グラシュー gracieux    アロマ・リンパマッサージ フェイシャルエステ 広島市西区三篠町1-12-17 3F 広島市横川駅近く三篠神社前 ご予約は 082-577-7998     gracieux.yori@gmail.com またはこちらのお問い合わせフォームよりお願いいたします。 https://www.gracieux-y.com/

更年期症状が楽になる心地よい体験

こんにちは 広島市西区  横川 のアロマ・リンパマッサージ&フェイシャルエステ グラシューです。 最近とても元気になられたKさま。 最初にお越しいただいたときにはとても体が疲れておられました。 Kさま 47歳 職業:主婦の仕事をしながらデスクワークのお勤め お悩み:眠りが浅い・ストレス・肩こり・腰痛・足のむくみ・冷え性・頭痛 などなど、更年期の時期にも入っているようで、さまざまな症状がありました。 ストレスと不眠が続く日々 「とにかくいろいろなことがあって、悩んでいる時期も長くて、あんまり毎日眠れないというか、眠りが浅く、睡眠不足な感じがずっと続いているんです。 疲れも取れずに、そのまま仕事に行くのですが、職場では私より長く勤めておられる先輩たちばかりなので、気を使っていてそれもストレスで・・・・ 家に帰ったら帰ったで、なんだか家族にも気を使っているのかも。家のこともすることがあって、あれをしないと、これをこしないと。。。 と思うと、なんだかイライラしてしまって」 「ゆっくり休まる日がないので、自分でもこれは自律神経が乱れていると感じるんですよね。もう、ちょっとやばい状態です。」 と、なかなか辛そうなお話なのですが、ご自分の今の大変な状況を、タンタンと明るくお話してくださいました。 なので、Kさまをぱっと見た感じは、そこまで悩んでいるとか疲れているという印象はなかったです。 このように明るく見える方も、実は普段たくさん周りに気を使われていて、無理をされている方も多いのかなと感じます。 年齢的にも更年期の時期に入られているので、余計に体の回復力が衰え、疲れが身に染みるようになっていたのでしょう。 Kさまは広告を見てサロンに来てくださったのですが、バスに乗って30分くらい時間のかかるようなところから来ていただき、よく選んでもらったなぁと感謝なのですが、 その時が本当に体も心も限界に近い状態で、体も心もボディケアを求めている状態で、施術を受けるタイミングにあったのだと思います。 アロマリンパマッサージの施術でとても感動していただきました アロマ・リンパマッサージの施術を受けていただいた後は、 「ものすごくスッキリしました。なんかじんわり体が温まって緩まっていく感じです。」 「ものすごくリラックスできます」 と、とても感動してくださったのです。 体も心もほぐれていき体調も良くなっていきました 体は最初硬直して、冷たい状態でした。 回数を重ねるごとに、徐々に体も気持ちもほぐれていかれました。 お話もだんだんといろいろなことを話してくださるようになりました。 今のお仕事についても、惰性的にされている部分があったようですが、発想も前向きになられて、新たに資格を取る勉強をするため、休日は学校に通われるようになったのです。 そして、転職されて、前より良い環境になられました。 一番によく眠れるようになったそうです。 しっかり睡眠がとれて、日々の疲れも解消できるようになられました。 自律神経が乱れがちな更年期 更年期の時期は、だいたい閉経時期前後の10年間くらいのあいだに起こるのが一般的で、45~55歳くらいの時期です。 10年間、更年期の時期が続くというわけではなく、その症状も人それぞれで、特に感じない方もおられるし、長い時期にわたって更年期障害を感じる方もいます。 その時期は女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、自律神経のバランスが乱れるためにさまざまな体の不調がおこります。 自律神経の乱れから、 精神的症状 (イライラしたり、気分がすぐれないなど) 身体的症状 (体がだるくなったり、頭痛や肩こりがひどくなったり) があります。 このような症状を感じたら、やはり早めに対処するのが大事です。 アロマ・リンパマッサージで更年期症状を緩和 アロマの良い香り アロマブレンドオイルで、アロマの効果 香りでのリラックス作用があります。 精油成分の効果が得られます。 (例:エストロゲンと似た分子構造のスクラレオールが含まれるクラリセージの精油を使用するなど) リンパマッサージ デトックス効果と免疫がUPします。 (リンパ液が流れることで、一つ一つの細胞の働きがよくなる) 免疫が高まります。体温も上がり、代謝もよくなります。 心地よいタッチング…

更年期の不眠を改善・アロマリンパマッサージ

こんにちは。 広島 横川 駅近くのアロマ・リンパ マッサージ & サロン・グラシューの戸川です。 先日、更年期も重なり不眠がお悩みの一つと言われる方にアロマ・リンパマッサージの施術を受けていただき、感想を伺いました。 とにかく、施術を受けられた日はすぐに眠りにつけたと言われていました。 「帰宅してからもアロマの香りがほんのりしていて、その香りがいいな~。好きだなと思って、続けたいと思ったんです。」 とのありがたいお声もいただきました。 私は先日、少し背中に軽く痛みがあり、だるさも感じていたので思いつきで突然、行ったことのないボディケアサロンへ予約の電話をして、初めての施術を受けてみたのです! 対応してくださった方はとても丁寧で、施術も心地良かったのですが サロンのドアを開けると独特な香りがして、漢方のような香りでした。 施術が終わり帰宅してからもその漢方の香りがほんのり。 この香りは私はあまり好きな感じの香りではなかったのです。 施術の時だけなら良いのですが、服や自分にも香りが移ってあまり好きではない感じ・・・ となると、ちょっと行くタイミングを考えちゃうかもですね。 ちょうど、お客さまが教えてくださった「帰宅してからも香りがほんのりいいな~」 という感じの逆バーションでした。香りだけ少し気になりました! だけど、香りって大事なんだな。と改めて思ったのでした。 一瞬で、良い香りは幸せな気分にしてくれます。 アロマブレンドオイルの心地よい香りで睡眠を誘導 香りは、自律神経のバランス調整にも関わるものですから、心地よい香りのアロマを使ってトリートメントしていきます。 良い香り! と感じた瞬間に自律神経は副交感神経(リラックスモード)へ傾き体も心も休まるモードへ入っていけます。 この状態(リラックスモード)になると、体の各内臓の機能を促進させるように働きます。 内臓機能が働くことで、各内臓からのホルモン分泌も良い状態に導いてくれます。 サロンでのアロマ・リンパマッサージで不眠を解消・サポート ①精神的なストレス 不安なことや悩みがあるとストレスになり、眠りに入る時もいろいろと考えてしまい眠れなくなる時があります。 ②生活リズムの乱れ 夜勤があったり、時差ボケなど体内時計の乱れで不眠になる時があります。 ③体の不調 咳が出る、体の痒み、腰が痛いなど、体調が悪くて眠りにくいことがあります。 不眠原因① 精神的なストレスで眠れない アロマ・リンパマッサージで不安や悩みを軽減 ①精神的なストレスに対して・・・ 嫌なことや悩みがあるとどうしてもあれこれ考えてしまったり、落ち込んだりとストレスがかかり、悩みの元を解消したいところですが、発想の仕方を変えようと頭であれこれ考えても気持ちはなかなか切り替えが難しいです。 アロマリンパマッサージでは特に、自律神経でいう交感神経のある背中のラインを緩めていきます。それにより体の緊張状態がほぐれて緩まっていきます。気持ちの緊張も体と連動しているところがあり、体がリラックスすると、気持ちもリラックスするように、体が柔軟になると、気持ちも柔軟になります。 今まで考えていたことが、方向転換した発想になる時があります。 気持ちの余裕がなく、ストレスを感じているようなときは、体に変化をもたらすことで切り返しがしやすくなります。特に、リラックス効果の高いアロマ・リンパマッサージは効果的です。 不眠原因② 生活リズムの乱れがあり眠れない アロマ・リンパマッサージで自律神経のバランス調整 起きる時間や寝る時間がばらばらだったり、一定のペースをもたない不規則な生活は、体内時計も乱れがちで生活のリズムが乱れがちになります。 すぐにでも生活リズムを整えたいところですが、ぱっと変化できないものです。 アロマリンパマッサージは、むくみをとり体内の老廃物を排出することを助けます。ともに血液循環をよくし酸素と栄養素を体内の細胞に運びやすくします。酸素と栄養素がしっかり細胞に届けられることで本来持つ自然治癒力が働くようになります。自然に夜は眠たい、お昼は活動する、という生活リズムがとりやすい身体の状態になります。 眠れない状態は自律神経でいうと交感神経優位になっている状態です。アロマリンパマッサージを受けることで副交感神経モードの時間を多く作ることができますので自律神経のバランスを調整していくことができます。 不眠原因③ 体の不調があり眠れない アロマ・リンパマッサージで免疫・代謝アップ 体の不調は、精神状態(ストレス)、食事(栄養)、血液の状態などが大きく関係しています。 ストレスがあまりなく、栄養の摂れる食事をし、血液循環が良いことを保つことができれば、病気になりにくいです。 アロマリンパマッサージの施術ではこの3つのうち、ストレスと血液循環を良くすることをサポートできます。 リンパ液を流していくことで、免疫の主役のリンパ球を活性することができます。血液循環もよくなり、酸素と栄養を細胞へ運びやすくすることで代謝もアップしていきます。そのことが、体の不調を防ぎ、健康状態へ導きます。体の全体的なめぐりができていくことで不眠解消につながります。 更年期時期は特に、卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)分泌が急激に減少することでホルモンバランスが乱れ、自律神経が乱れやすく、代謝も下がっている状態です。 このような症状が現れるのは、自然現象なのです。…